大西経済課長、後発品80%で「登る山が変わった」‐企業は質的変化への転換を

2016年5月16日 (月)

ニュース


目標達成後は多様性の時代

大西友弘課長

大西友弘課長

 厚生労働省医政局経済課の大西友弘課長は、本紙の日本ジェネリック製薬協会との対談で、政府の「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)で示された“後発品の数量シェア80%”に言及。「これまでとは登る山が変わったということ」と述べ、後発品メーカーに対して「単に目標値クリアに向けて数量を増やすのではなく、質的な変化への転換が必要になる」との認識を示した。さらに後発品80%達成後は、「国内の医薬品市場が飽和状態になる」ことから、後発品と先発品メーカーの垣根があいまいになり、独自の企業戦略を必要とする“多様性の時代”が来ると予測。後発品メーカーには海外展開への挑戦を求めた。

 骨太方針では、後発品の数量シェア80%の目標達成について、「2018~20年度末までの間のなるべく早い時期」と幅を持たせた上で、「17年央に70%以上」とする中間目標を新設。その時点の進捗状況を踏まえて具体的な達成時期を決定するよう求めている。



HOME > ニュース > 大西経済課長、後発品80%で「登る山が変わった」‐企業は質的変化への転換を

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!