【小野薬品】オプジーボの早期効能追加‐相良社長「効果の高い癌腫加える」

2016年5月20日 (金)

ニュース


相良暁社長

相良暁社長

 小野薬品の相良暁社長は11日、抗癌剤「オプジーボ」について、「できるだけ早い時期に、より効果の高い癌種を効能に加えていく」考えを示した。また、16年度のオプジーボの売上高予測1260億円のうち、「肺癌は1220億円に上る」と述べた。残りの40億円は、メラノーマを効能・効果としたもの。

 相良氏はオプジーボの16年度売上高予測について、「現在承認されているメラノーマと肺癌を対象としており、現在申請中の腎細胞癌とホジキンリンパ腫は含まれていない」と明言。



HOME > ニュース > 【小野薬品】オプジーボの早期効能追加‐相良社長「効果の高い癌腫加える」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!