【米UNCH】DVO導入で薬剤費7割減‐閉鎖式器具を用い有効活用

2016年6月7日 (火)

ニュース


米UNCH・エッケル副薬剤部長が講演

スティーブン・エッケル副薬剤部長

スティーブン・エッケル副薬剤部長

 米ノースカロライナ大学附属病院(UNCH)のスティーブン・エッケル副薬剤部長は2日、都内で講演し、同院で人体に影響を及ぼす抗癌剤等の廃棄額が年間約8000万円に上ることを紹介。閉鎖式接続器具(CSTD)を用いることにより、残った抗癌剤を複数回利用するドラッグ・バイアル・オプティマイゼーション(DVO)を導入した結果、導入時に比べて薬剤費を71%削減できた実績を示した。エッケル氏は、DVO導入には薬剤の安定性と無菌性の確保が重要と強調した。同院では、導入から4年が経過した現在も無事故で推移しているという。

 同院では、2009年にノースカロライナ癌病院を開設した。抗癌剤の調製量は週に175回、そのうち外来クリニックでの調製が全体の65%を占める。平日は薬剤師7人、テクニシャン9人で対応している。同院では、薬剤師や看護師など医療従事者の安全目的で、全ての抗癌剤でCSTDを使用してきたが、薬剤部でバイアルを使い切らずに廃棄していたことから、薬剤費削減に向けた圧力が強まり、バイアルの残薬を有効利用できるDVOが導入されることになった。



HOME > ニュース > 【米UNCH】DVO導入で薬剤費7割減‐閉鎖式器具を用い有効活用

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!