【薬学共用試験センター】OSCEで不正行為発覚‐試験情報をツイッター投稿

2016年6月28日 (火)

ニュース


 昨年度に実施された薬学共用試験のOSCE(客観的臨床能力試験)で、試験情報をツイッターに投稿する不正が1件あったことが、23日に開かれた薬学共用試験センター総会で報告された。受験生は、OSCEの受験前に不正行為を禁じる同意書に署名していたにもかかわらず、自分の試験が終了した後に、課題ごとに用意された小部屋の「ステーション」に関する情報をツイッターに投稿する不正を行った。その大学は受験生を不合格とし、再試験の受験もできない処分を下した。

 昨年度に実施された共用試験のOSCEでは、2014年度に発生した携帯電話の持ち込みはなかったものの、試験に関する情報をツイッターに投稿する不正行為が1件発生した。不正行為は、受験生が自分の試験を終えた後に、ステーションに関する情報をツイッターに投稿し、それに別の受験生が返信した。



HOME > ニュース > 【薬学共用試験センター】OSCEで不正行為発覚‐試験情報をツイッター投稿

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!