【ジェネリック医薬品学会】学会名に「バイオシミラー」‐使用促進の環境整備に全力

2016年7月4日 (月)

ニュース


武藤正樹氏

武藤正樹氏

 日本ジェネリック医薬品学会は、バイオシミラーの使用促進に向けた活動を強化する。その一環として、学会名を「日本ジェネリック医薬品バイオシミラー学会」に変更する方向で理事会に提案している段階で、承認されれば新学会名で新たなスタートを切ることになる。武藤正樹代表理事(国際医療福祉大学大学院教授)は、本紙の取材に対し、「バイオシミラーが使われる環境を学会として後押ししていく」と強調。国会議員で構成されたバイオシミラー使用促進議員連盟などと連携し、バイオシミラーの環境整備に強い意欲を示した。

 ジェネリック薬(GE薬)をめぐっては、2017年央に70%、18年から20年度末までの早い段階で80%の数量シェアに引き上げる国の政策目標が打ち出されている。同学会では、GE薬数量シェア80%目標の達成に加え、今後の重要な活動の柱の一つとして、バイオシミラーの使用促進を掲げている。



HOME > ニュース > 【ジェネリック医薬品学会】学会名に「バイオシミラー」‐使用促進の環境整備に全力

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!