【厚労省・14年度調査】メタボ健診実施率は48.6%‐受診者の約2割が薬服用

2016年7月19日 (火)

ニュース


 厚生労働省は11日、2014年度の特定健康診査の実施率が48.6%と前年度に比べて1ポイント上昇し、そのうち特定保健指導の対象となった人の割合は16.8%だったと発表した。メタボリック症候群の該当者と予備群は、08年度比で3.18%減少した。また、特定健診の受診者のうち、高血圧、糖尿病、脂質異常症治療薬のいずれか1種類を服用している人の割合は19%となった。

 特定健康診査の全体実施率を見ると、14年度の実施率は48.6%と、前年度に比べて1ポイント上昇した。特定健康診査を受けた人のうち、特定保健指導の対象となった人の割合は16.8%となった。そのうち、特定保健指導を終了した人の割合は17.8%と前年度と比べて0.1ポイント上昇した。



HOME > ニュース > 【厚労省・14年度調査】メタボ健診実施率は48.6%‐受診者の約2割が薬服用

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!