【アステラス製薬】米製造子会社をCMOに譲渡‐自社事業体制の見直し

2016年8月12日 (金)

ニュース


 アステラス製薬は、医薬品の製剤・包装を行う米国のノーマン工場を有する子会社「アステラスファーマテクノロジーズ」を、米製造受託機関(CMO)のアヴァラノーマンファーマシューティカルサービシズに譲渡すると発表した。生産・技術面で自社の機能強化と外部リソースの有効活用を柔軟に両立させることで、効率的な安定供給の体制を構築していく方針としている。

 ノーマン工場は、主に米国向けに過活動膀胱治療薬「ベシケア」「ミラベトリック」など低分子医薬品の製造・包装を担っており、建設面積2万9000m2、従業員数200人となっている。ベシケアとミラベトリックに関しては、米国では特許期間中。



HOME > ニュース > 【アステラス製薬】米製造子会社をCMOに譲渡‐自社事業体制の見直し

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!