【米BMS】オプジーボ単剤療法、NSCLC第III相で主要評価未達

2016年8月16日 (火)

ニュース


 米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は、PD-L1発現レベル5%以上の未治療進行期非小細胞肺癌(NSCLC)を対象とした抗PD-1抗体「オプジーボ」(一般名:ニボルマブ)の単剤療法を検討する「CheckMate-026」のトップライン結果について、対照薬の治験担当医師が選択した化学療法群に対し、主要評価項目である無増悪生存期間の有意な延長を達成しなかったと発表した。今後、試験データの全評価を完了させ、結果の公表を検討していく予定。

 「CheckMate-026」は、NSCLC患者541人を対象にオプジーボの単剤療法と治験担当医師が選択した化学療法薬を比較した。



HOME > ニュース > 【米BMS】オプジーボ単剤療法、NSCLC第III相で主要評価未達

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!