【考えよう!キャリアデザイン】薬剤師の仕事は安泰か?

2016年9月1日 (木)

薬学生新聞


キャリア・ポジション社長
西鶴 智香

西鶴智香氏

 今回から「キャリアデザイン」をテーマに連載開始です!さて皆さん、「キャリアデザイン」と聞いて何を思いますか?キャリアをデザインする、その言葉通り「自分の職業人生をいかに設計するか」という意味なのですが、それがなぜ薬学生に必要なのでしょうか?

 国家試験に受かれば、薬剤師として一生安定した仕事に就けると聞き薬学部にきた、という薬学生からすれば不思議に思うかもしれません。ですが今、薬剤師を取り巻く環境は激変しつつあります。以前の薬剤師が担当していた業務と、これから薬剤師に求められる業務は大きく変化しています。

 先輩方から「薬剤師は一生安泰な仕事よ」と言われたとしても、それは今までの話。これからは違うかもしれないと、皆さんには考えてほしいのです。

 病院薬剤師は以前、外来患者の処方箋調剤を主に担当し、患者と話す時間は少なかったのですが、今や外来調剤は分業され、入院患者の薬剤情報管理や処方設計支援が主な仕事になっています。主に外来患者の調剤を担当している薬局薬剤師も、在宅業務や健康相談という新たな分野に取り組んでいます。一般用医薬品の販売は今やネット販売もあり、自由化もされました。薬学部も4年制から6年制へ移行し、より深く専門的な知識を身につけるための医療人教育に変化したわけです。

 時代は移り変わるもの。IT化や規制緩和がますます進み、皆さんが入学した時に比べ、6年後の世界はきっと変化しているでしょう。人間も、今日の自分がずっと永遠に同じ自分なのではなく、いろいろな仕事経験や環境によって変化していくのが常です。

 薬剤師としてどのような職業人生を歩み、専門家として力を発揮していきたいのか。今日の業界、今日の自分を見て「これ」と決めつけるのではなく、将来、薬剤師としてこんなことをやってみたい、を現実のものにするために今、何をどのように考えていけばいいのか。それこそが「キャリアデザイン」というものなのです。



HOME > 薬学生新聞 > 【考えよう!キャリアデザイン】薬剤師の仕事は安泰か?

薬学生新聞 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!