【印サンファーマ】販売提携先に田辺三菱‐11月から委託

2016年9月12日 (月)

ニュース


 インドの最大手ジェネリック医薬品メーカー「サンファーマ」は、ノバルティスファーマから国内の製造販売承認の譲渡を受けた長期収載品14品目について、田辺三菱製薬と販売委託契約を締結した。11月1日から田辺三菱が単独でサンファーマのラベルの製品の販売・流通・情報提供を順次行う。

 サンファーマは、日本市場へ参入するに当たり、日本法人を通じてノバルティスファーマの長期収載品14品目の承継を受けていた。14品目の年間売上高は1億6000万ドル(約180億円)で、中枢神経領域や循環器領域など複数の疾患にまたがる。製品を獲得する対価としてサンファーマがノバルティスに2億9300万ドルを支払う契約となっていた。今回、高い専門性と強固な基盤を持つ田辺三菱を販売パートナーに選び、日本市場における販路拡大を図る。



HOME > ニュース > 【印サンファーマ】販売提携先に田辺三菱‐11月から委託

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!