【一般薬連等】セルフメディケーションの重要性啓発‐一般の人たち対象にPR

2016年9月14日 (水)

ニュース


OTC薬普及啓発イベント「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」

OTC薬普及啓発イベント「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」

 日本一般用医薬品連合会(日本OTC医薬品協会、日本家庭薬協会)、東京薬事協会、東京生薬協会、東京都薬剤師会、東京都医薬品登録販売者協会の各団体は9、10の両日、東京の新宿駅西口広場イベントコーナーで、恒例のOTC薬普及啓発イベント「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」を開催した。9回目となった今回は、出展したOTCメーカー28社が主力製品のアピールに努めたほか、模擬薬店コーナー、お薬相談コーナー、検体測定室や健康チェックコーナー、懐かしいくすり展などを展開。昨年、一昨年に引き続き検体測定室も設置するなど、薬業団体が一体となってセルフメディケーションの重要性を啓発する場となった。

 同イベントは、セルフメディケーションに果たすOTC薬の役割や正しい知識や使い方などの普及啓発が目的。一般薬連と在京薬業団体の共催により毎年秋に行っている。今年のイベントの実行委員長は、東京生薬協会の藤井隆太会長(龍角散)が務めた。



HOME > ニュース > 【一般薬連等】セルフメディケーションの重要性啓発‐一般の人たち対象にPR

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!