【中医協総会】処方日数の上限は30日‐エチゾラムとゾピクロン

2016年10月3日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、新たに向精神薬に指定した精神安定剤「エチゾラム」と睡眠障害改善剤「ゾピクロン」について、診療報酬上の投薬期間の上限を30日とすることを決めた。臨床現場で30日分処方されるケースが多いことから、処方制限により混乱が生じないようにするため投薬期間を30日まで認めることにした。9月28日の中央社会保険医療協議会総会で了承された。

 厚労省は、ゾピクロンなど3物質を向精神薬に指定したことから、薬価基準に収載されているゾピクロンとエチゾラムの2物質の処方日数の上限について検討を行った。現在、向精神薬は、療養担当規則などにより診療報酬上の投薬期間の上限として14日、30日、90日のいずれかに規定しているが、厚労省がエチゾラムとゾピクロンの投薬期間を調べたところ、それぞれ平均27.0日、平均26.8日と院外処方の約85%が30日以内の投薬期間であることが分かった。



HOME > ニュース > 【中医協総会】処方日数の上限は30日‐エチゾラムとゾピクロン

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!