【米パレクセル】市販後エビデンス構築に照準‐20年に売上40億ドル目標

2016年10月17日 (月)

ニュース


ジョセフ・フォン・リッケンバックCEO

ジョセフ・フォン・リッケンバックCEO

 米臨床開発受託(CRO)大手のパレクセル・インターナショナルは、製薬企業向けに上市薬剤のエビデンス構築を支援する新たなサービスとして、「パレクセルアクセス」を訴求していく。製薬企業にとっては育薬が大きなテーマとなっており、積極的なM&Aを通じて、医薬品の安全性管理や医療経済評価をサポートする専門部署も組織し、日本市場でも市販後領域に進出する。ジョセフ・フォン・リッケンバックCEOは、本紙のインタビューに対し、「CROとしてのサービスラインを広げたい」と強調。2020年には売上約40億ドルへの倍増を狙う計画だ。

 同社の16年6月期業績は、売上が約4%増の21億ドルと順調に成長。社員1万8000人のうち、アジア太平洋地域がおよそ3分の1の6400人となったほか、日本は5年前に比べほぼ倍増の1200人に拡大し、人員数ではCRO業界でトップ5入りしている。



HOME > ニュース > 【米パレクセル】市販後エビデンス構築に照準‐20年に売上40億ドル目標

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!