疑義照会は薬剤師の義務「議論の必要ない」‐日薬・石井副会長

2016年10月25日 (火)

ニュース


処方権と調剤権の格差是正

 日本薬剤師会の石井甲一副会長は20日の定例会見で、19日の中央社会保険医療協議会総会で幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)と中川俊男委員(日本医師会副会長)が「処方権と調剤権の格差是正」をめぐって激論を交わした件について、「あらためて議論する必要はない」とコメントした。

 石井氏は、処方権について、「患者の診断結果に基づいて治療薬を選択するもので、医師が持っている職能」との認識を示す一方で、医師が出した処方箋に対して、「疑義があるかどうか、問題があるかどうかをチェックし、調剤するのが薬剤師の役目」と説明。「それぞれ、独立した職能人として行っているもの」と述べ、「あらためて処方権、調剤権の議論をする必要もない」との考えを示した。

 ただ、「処方箋通りに何も疑義をはさまず、調剤せよというのは間違っていると思うし、それは医師も分かっていること」と述べ、医師への疑義照会が薬剤師の義務であることを強調した。



HOME > ニュース > 疑義照会は薬剤師の義務「議論の必要ない」‐日薬・石井副会長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!