【厚労省】「キイトルーダ」で注意喚起‐副作用に劇症1型糖尿病

2016年10月28日 (金)

ニュース


 厚生労働省は24日、MSDの免疫チェックポイント阻害剤のペムブロリズマブ(遺伝子組み換え)製剤(製品名:キイトルーダ点滴静注20mg、同100mg)について、重大な副作用として劇症1型糖尿病が発症することがあるため、適切な対応を行うよう都道府県や関係団体、学会などに注意喚起した。

 ペムブロリズマブは、根治切除不能な悪性黒色腫を効能・効果として9月に承認されている免疫チェックポイント阻害剤。厚労省は、1月に類薬である小野薬品のニボルマブ(遺伝子組み換え)製剤(製品名:オプジーボ)について、劇症1型糖尿病の重篤な副作用をめぐり注意喚起を行っていることから、改めて日本糖尿病学会や日本薬剤師会などの関係学会や関係団体、都道府県に対し、ペムブロリズマブによる劇症1型糖尿病の副作用が発生することを周知するよう注意喚起した。



HOME > ニュース > 【厚労省】「キイトルーダ」で注意喚起‐副作用に劇症1型糖尿病

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!