【大日本住友製薬】製品導入とM&A‐多田社長、積極投資に意欲

2016年11月1日 (火)

ニュース


多田正世社長

多田正世社長

 大日本住友製薬の多田正世社長は10月27日の中間決算説明会で会見し、「製品導入やM&Aに対して1500億~2000億円の積極的な投資を行い、国内外の新製品の充実を図っていく」方針を語った。また、開発中の抗癌剤「ナパブカシン」は、「ブライター試験(胃または食道胃接合部腺癌/併用、米国・日本)の進捗状況を勘案し、日米での申請予定を従来の2017年度から18年度に変更する」と明らかにした。

 製品導入やM&Aに対する積極的な投資では、予定している投資額のうち、659億円を今年10月のシナプサス買収にあてた。



HOME > ニュース > 【大日本住友製薬】製品導入とM&A‐多田社長、積極投資に意欲

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!