【MSD】キイトルーダ、11月収載見送り‐非小細胞肺癌承認後に目指す

2016年11月14日 (月)

ニュース


 MSDは9日、9月に承認を取得した根治不能な悪性黒色腫を効能・効果とする抗PD-1抗体「キイトルーダ点滴静注20mg、同100mg」(一般名:ペムプロリズマブ)について、今月の薬価収載を見送ると発表した。類似薬の「オプジーボ」の緊急的な薬価引き下げが議論される中、MSD広報部門では、「高額医薬品の薬価の緊急的対応を含めた議論を鑑み、今月の薬価収載を見送った」とコメント。「承認申請中の非小細胞肺癌の適応取得後、もっとも早いタイミングで薬価収載を目指す」との方向だ。

 キイトルーダは、国内で承認を取得した悪性黒色腫のほか、今年2月には非小細胞肺癌適応でも承認申請を行っている。高額薬剤の薬価をめぐる一連の動きの中で、薬価収載に関する検討を進めてきたが、現段階では収載の見送りを決定した。



HOME > ニュース > 【MSD】キイトルーダ、11月収載見送り‐非小細胞肺癌承認後に目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!