【薬学教育協議会・16年就職調査】「就職せず」「未定」さらに増加‐卒業生2割強は薬剤師取らず

2016年11月15日 (火)

ニュース


表:2016年3月 6年制学科卒業生就職状況(薬学教育協議会調査一部改変)

表:2016年3月 6年制学科卒業生就職状況(薬学教育協議会調査一部改変)
※画像クリックで拡大表示

 薬学教育協議会は、「2016年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査」をまとめた。6年制薬学部73大学(74学部)の卒業生の進路は、薬局が最も多い傾向は変わらなかったが、就職しなかった学生の総数が1652人と昨年度の1559人から増加。このうち、進学者は大幅減となった昨年の170人から188人に復調したものの、非就職者と未定者の合計は1445人と昨年の1367人からさらに増加した。第101回薬剤師国家試験の新卒合格率が86.24%と大幅に向上したにもかかわらず、卒業者のうち4分の1が薬剤師資格を取得していないことが判明。新卒者のうち1161人が薬剤師国家試験を受験しなかったことも明らかになっており、非就職者と未定者の増加に歯止めがかからない傾向が浮き彫りになった。

 調査は、6年制第5期生を輩出した薬系大学をはじめ、全国の国公私立薬系大学73大学(74学部)から回答を得たもの。6年制卒業生の総数は9403人と昨年に比べて634人増加した。男女別に見ると、男性が3767人、女性5636人だった。

 このうち、大学が進路を把握した就職者は7751人で卒業生の82.4%となった。就職率は82.5%で昨年に比べて0.3%とわずかに低下し、特に男性では79.3%と2年連続で8割を切った。



HOME > ニュース > 【薬学教育協議会・16年就職調査】「就職せず」「未定」さらに増加‐卒業生2割強は薬剤師取らず

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!