【規制改革会議WG】敷地内薬局、継続して審議‐国病機構への厚労省見解で

2016年11月21日 (月)

ニュース


 政府の規制改革推進会議「医療・介護・保育ワーキンググループ」は15日、厚生労働省が国立病院機構本部に対して、敷地内に薬局を誘致することは「望ましくない」との見解を示した後、国立病院機構災害医療センター(東京・立川市)が敷地内薬局誘致の公募を取りやめたことに関して、厚労省に事実関係の説明を求めた。ただ、明確な回答が得られなかったとして、今後の会合でも継続して説明を求める方針だ。

 厚労省は、同会議が患者の利便性や、高齢者・体の不自由な人の負担を考慮し、病院と薬局を同じ建物や敷地内に併設することを一律に禁止していた省令を改正。10月から規制緩和が適用されるのを前に、災害医療センターが敷地内に薬局を誘致する公募を行っていた。



HOME > ニュース > 【規制改革会議WG】敷地内薬局、継続して審議‐国病機構への厚労省見解で

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!