【がんセ/産術研など】AI活用で癌の「最適医療」‐5年後メドに実用化目指す

2016年12月6日 (火)

ニュース


人工知能(AI)を活用した癌医療システムの開発プロジェクトを開始

 国立がん研究センター、産業技術総合研究所、ベンチャー企業のプリファードネットワークスは11月29日、人工知能(AI)を活用した癌医療システムの開発プロジェクトを開始したと発表した。がん研究センターに蓄積した膨大なデータについて、特徴を見つけて自動的に学習する「ディープラーニング(深層学習)」を備えたAIが解析することで、正確な癌の診断や一人ひとりに合った治療法の選択、創薬などに応用する。5年後をメドに実用化させたい考えで、ゲノム情報に基づく「最適医療」の提供体制の整備を急ぐ。

 同プロジェクトでは、がん研究センターが持っている患者の詳細な臨床情報やゲノム、診断画像情報、疫学データや文献情報などについて、ディープラーニングを備えたAIが統合的に解析することで、複雑な癌の実態を解明し、早期診断や効果的な治療法の選択、新薬の開発などへの応用を目指す。具体的には、放射線治療に関する画像データや治療部位、照射線量などの情報を解析し、患者に最適な放射線治療を提供することなどを想定している。



HOME > ニュース > 【がんセ/産術研など】AI活用で癌の「最適医療」‐5年後メドに実用化目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!