【厚労省】抗菌薬適正使用に手引き‐政府目標実現へ検討開始

2016年12月8日 (木)

ニュース


厚生科学審議会・薬剤耐性(AMR)に関する小委員会

厚生科学審議会・薬剤耐性(AMR)に関する小委員会

 厚生労働省は5日、厚生科学審議会の薬剤耐性(AMR)に関する小委員会の初会合を開き、政府の行動計画であるアクションプランの実行に向けた議論をスタートさせた。2020年までに抗菌薬の使用量を約3割減らす目標に向け、国が抗菌薬適正使用の手引きをまとめる方針。新たに作業部会を設置し、まず手引き第1版の策定作業に着手。日常診療で多く見られる感冒(かぜ)や急性下痢症への対応について具体的な検討を進めていく。

 政府は20年までのAMRに対する行動計画を打ち出し、抗菌薬の適正使用に関して13年比で約3割減少させる目標を打ち出した。厚労省は、AMR対策を強化するため、6月の感染症部会で小委員会を設置することを決定。この日の初会合では、アクションプランの重要分野の一つである抗菌薬の適正使用について専門的に議論するため、新たに作業部会を設置することを決めた。



HOME > ニュース > 【厚労省】抗菌薬適正使用に手引き‐政府目標実現へ検討開始

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!