皆保険持続性、イノベの推進‐塩崎厚労相、薬価制度の抜本改革へコメント

2016年12月16日 (金)

ニュース


 塩崎恭久厚生労働相は13日の閣議後の会見で、政府内で検討が進められている薬価制度の抜本改革について、「国民皆保険の持続性とイノベーションの推進、そして何よりも国民負担の軽減と医療の質の向上を実現するようなものを考えていきたいと思っている」と語り、今後、菅義偉官房長官、麻生太郎財務相、石原伸晃経済再生担当相の関係大臣と「調整を深めていく」とした。

 塩崎氏は、12日に自民党の渡嘉敷奈緒美厚生労働部会長と尾辻秀久元厚労相と面談したことを明らかにした上で、「これまで薬価改定を行っていない中間年の薬価改定については、当然、薬価調査の負担や効率となどをしっかり考慮した上で対応を検討していくことや、同時に新たなイノベーションが次々と生まれてくるような体制をどう確保するのかにも配慮していくことなどを話した」と述べた。



HOME > ニュース > 皆保険持続性、イノベの推進‐塩崎厚労相、薬価制度の抜本改革へコメント

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!