【中医協】医療と介護の連携重視‐同時改定に向けた考え提示

2016年12月19日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、14日の中央社会保険医療協議会総会に2018年度診療報酬改定の検討に向けた考え方を提示した。

 18年度改定は、介護報酬との同時改定であることから、「医療と介護の連携が特に重要と考えられる」とし、今後の検討事項に含めるテーマとして、▽療養病床・施設系サービスにおける医療▽居宅等における医療(訪問診療・訪問看護、歯科訪問診療、薬剤師の業務等)▽維持期のリハビリテーション――を挙げた。



HOME > ニュース > 【中医協】医療と介護の連携重視‐同時改定に向けた考え提示

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!