【富士フイルム】和光純薬を約1500億円で買収‐再生医療で「欲しい会社」

2016年12月20日 (火)

ニュース


古森重隆氏

古森重隆氏

 富士フイルムは、武田薬品子会社で総合試薬メーカーの和光純薬工業を約1547億円で買収すると発表した。和光の株式71.2%を保有する武田薬品グループから株式公開買い付けを行い、来年2月末から開始し、4月に完了する予定。再生医療の事業化に向け積極的な他社買収を行ってきた同社だが、細胞培養を行う上での要素技術である「培地技術」を和光から獲得した。古森重隆会長兼CEOは15日、都内で記者会見し、「和光の買収は極めて大事なマイルストン。再生医療事業の黒字化を前倒ししたい」と語った。体外診断薬事業でも製品と販路の両面で相乗効果が期待でき、2021年度には和光純薬単体で売上1000億円超を目指す方針だ。

 和光は、臨床検査、化成品、試薬の三つの事業を展開し、15年度売上高は794億円。富士フイルムは、和光純薬の全株式のうち9.7%を保有する第2位の株主であり、長年にわたって関係を築いてきた。古森氏は「4~5年前からすごく欲しかった会社」と述べ、「買収額を考えても十分にリターンがある」と期待感を示す。



HOME > ニュース > 【富士フイルム】和光純薬を約1500億円で買収‐再生医療で「欲しい会社」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!