日本臨床疫学会が発足‐データベース研究を推進

2016年12月22日 (木)

ニュース


福原俊一氏

福原俊一氏

 ビッグデータを活用した質の高い臨床研究を通じて、医療が直面する課題の解決を目指す「日本臨床疫学会」が発足した。実臨床のリアルワールドデータを活用した研究の方向性が示される中、疾患横断的に中立的な立場からデータベース研究の標準的な方法論を提供すると共に、学会内に「臨床疫学専門家制度」を創設して若手研究者の育成を図る。同学会代表理事に就任した福原俊一氏(福島県立医科大学副学長)は、18日に都内で開催された発足記念講演会で、「臨床疫学がビッグデータにアクセスできる時代になった。臨床研究で日本の医療を元気にしたい」と抱負を述べた。

 同学会の設立日は今年の2月12日で、本格的な活動に向けて準備を進めてきた。「医療者」をメインとした学会だが、企業やそこに在籍する個人、学生も会員になることができる。患者中心の医療に向けて、企業や行政、国民とも対話する開かれた学会を目指す。



HOME > ニュース > 日本臨床疫学会が発足‐データベース研究を推進

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!