【厚労省】医療・介護データを連結‐20年度に総合基盤稼働へ

2017年1月17日 (火)

ニュース


厚労省が改革本部

データヘルス改革推進本部

データヘルス改革推進本部

 厚生労働省は12日、健康・医療・介護のデータを連結した大規模なICTインフラの構築に向け、塩崎恭久厚労相を本部長とする「データヘルス改革推進本部」を設置し、初会合を開いた。国が保有する膨大な健康・医療・介護のビッグデータを連結し、2020年度には総合的なデータプラットフォームの本格稼働を目指す。作業部会で議論を深め、今夏にも一定の成果をまとめる。

 推進本部では、わが国が超高齢化社会を迎える中、膨大な健康・医療・介護のデータを整理し、分析することにより、同分野のICT利活用が国民目線になるようインフラを構築し直すと共に、自治体や保険者、医療機関などが保有する健康・医療・介護データを連結した情報システムを整備することで、個々人に最適な健康管理、診療、ケアの実現を目指す。



HOME > ニュース > 【厚労省】医療・介護データを連結‐20年度に総合基盤稼働へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!