【GE薬協】ジェネリック薬数量シェア、過去の公表数値に誤り‐3~4%の上方修正を発表

2017年1月19日 (木)

ニュース


 日本ジェネリック製薬協会は、会員社のジェネリック医薬品(GE薬)メーカーから集計し、四半期ごとに公表しているGE薬シェア分析結果に誤りが発覚したとして、GE薬の数量シェアを過去3年間に公表した数値から3~4%上方修正したと発表した。2016年度第1四半期の数量シェアの公表数値は60.1%としていたが、63.7%に改め、通年の数量シェアも13年度は45.1%から48.8%、14年度は52.0%から54.8%、15年度は55.7%から59.5%に修正した。さらに第2四半期の数量シェアの速報結果も65.1%と第1四半期から1.4ポイント上昇したことも発表した。

 GE薬協によると、GE薬の数量シェア分析に当たっては、薬価基準収載単位で計算することを基本としていたが、同協会が16年度第2四半期の集計作業を行っていたところ、2万1600品目中2000品目の約1割の品目数で、薬価基準収載単位で計算をされずに数量シェアが算出されていることが分かった。



HOME > ニュース > 【GE薬協】ジェネリック薬数量シェア、過去の公表数値に誤り‐3~4%の上方修正を発表

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!