【薬食審調査会】「血液製剤使用指針」を了承‐エビデンスに基づき推奨度提示

2017年1月24日 (火)

ニュース


 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会血液事業部会適正使用調査会は18日、「血液製剤の使用指針」の改定案を概ね了承した。日本輸血・細胞治療学会による各血液製剤の使用ガイドライン策定と並行して行われているもので、2005年以来の大幅な改定となる。医療機関での推奨度について、「強い」「弱い」の2通りで提示すると共に、効果に対するエビデンスの強さに応じてA~Dの4段階で示すなど、最新の知見に基づいた内容に更新。3月の部会で了承後、年度内をメドに改定する方針だ。

 改定案は、これまでの指針で定義してきた治療開始のトリガー、目標値の設定の仕方などについて、同学会による「科学的根拠に基づいた輸血ガイドライン(仮称)」に準拠させた。

 血液製剤使用指針の推奨度について、「強く推奨する」と「弱く推奨する(提案する)」の2通りで提示。効果全般に対するエビデンスが強い順にA~Dの4段階で示した。



HOME > ニュース > 【薬食審調査会】「血液製剤使用指針」を了承‐エビデンスに基づき推奨度提示

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!