【分業協議会】森審議官「薬剤師全体で信頼回復を」‐ハーボニー偽造品問題で言及

2017年2月7日 (火)

ニュース


森和彦大臣官房審議官

森和彦大臣官房審議官

 厚生労働省の森和彦大臣官房審議官(医薬担当)は3日、省内で開かれた「医薬分業指導者協議会」のあいさつで、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題について言及。この事案が医薬品の流通に関わる人たちに対する「大きな信頼の失墜につながった」とし、関係者の協力のもと、適切な流通活動や再発防止に向けた取り組みを進め、「失った信頼の回復に努める」よう求めた。

 森氏は、ハーボニーの偽造品を「薬剤師が調剤し、患者の手に渡ってしまったことは深刻な問題」と指摘。これまで日本では、偽造医薬品は流通しないと「固く信じられていた」ものの、「それが完全に裏切られた。これは大きな信頼の失墜だ」と述べた。



HOME > ニュース > 【分業協議会】森審議官「薬剤師全体で信頼回復を」‐ハーボニー偽造品問題で言及

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!