【厚労省】インフル減少に転じる‐発生数ピーク越えか

2017年2月14日 (火)

ニュース


 厚生労働省が発表した2017年第5週(1月30~今月5日)のインフルエンザ発生状況によると、定点当たり報告数は38.14となり、前週の定点当たり39.41よりも減少し、ピークを越えて流行は一段落した模様である。

 都道府県別の発生状況を見ると、福岡県が55.03、宮崎県が54.02、愛知県が51.44、高知県が50.60、大分県が49.62、山口県が49.22、埼玉県が47.06の順で、19道府県で前週の定点当たり報告数よりも増加が見られたが、28都府県では前週の定点当たり報告数よりも減少が見られた。また、全国で警報レベルを超えている保健所地域は390カ所で、注意報レベルを超えている保健所地域は148カ所だった。



HOME > ニュース > 【厚労省】インフル減少に転じる‐発生数ピーク越えか

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!