【総合企画センター大阪】骨粗鬆症治療薬市場、世界で9.6%増の9542億円‐PTH製剤と抗体薬が台頭

2017年2月17日 (金)

ニュース


 2015年度の日米欧3極における骨粗鬆症関連薬市場が、前年度比9.6%増の9542億円と拡大したことが、総合企画センター大阪の調査で明らかになった。ビスフォスフォネート製剤市場が縮小傾向にある中、PTH製剤や抗体製剤が牽引した。16年度は為替影響で円ベースでは米国市場のみが増加し、日本市場にマイナス影響が強く出ることから、2.4%減の9311億円と縮小する見通し。

 骨粗鬆症治療薬開発をめぐっては、世界全体で見ても日本市場が最も成長している。09年から13年までに新薬や剤形追加品が相次いで発売され、13年度から15年度までの成長率を現地通貨ベースで比べると、米国の7.6%減、欧州の13.7%減に対し、日本は11.7%増と唯一の成長市場だ。



HOME > ニュース > 【総合企画センター大阪】骨粗鬆症治療薬市場、世界で9.6%増の9542億円‐PTH製剤と抗体薬が台頭

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!