【厚労省】行政・関係3団体で懇談会‐流通管理徹底など意見交換

2017年2月21日 (火)

ニュース


 厚生労働省は、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品流通を受け、23日に日本薬剤師会、日本保険薬局協会、日本チェーンドラッグストア協会の3団体と「医薬品の適正な流通経路の確保」などについて話し合う「薬剤師・薬局関係団体懇談会」を開催する。事件発生後、行政と関係団体による初の意見交換の場となる。

 会議には3団体の代表者のほか、厚労省から、武田俊彦医薬・生活衛生局長や関係課長が出席する予定。

 「ハーボニー」をめぐっては、先月に偽造品が奈良県内のチェーン薬局で患者の手に渡っていたことが発覚。厚労省の調査では、チェーン薬局の経営会社が、製造販売業者が指定する卸売販売会社から仕入れる「正規ルート」とは異なる流通経路で同剤を入手していたことが判明している。



HOME > ニュース > 【厚労省】行政・関係3団体で懇談会‐流通管理徹底など意見交換

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!