【厚科審作業部会】抗菌薬使用手引きを了承‐薬剤師の患者説明例も提示

2017年2月27日 (月)

ニュース


 厚生労働省は21日、抗微生物薬適正使用の手引きの第一版案を厚生科学審議会の作業部会に示し、概ね了承された。鼻水や喉の痛み、咳や痰によるウイルス性の急性気道感染症のうち、いわゆる“かぜ”には抗菌薬を投与しないことを推奨することが柱。薬剤師から患者への説明例なども盛り込んだ。作業部会でまとめた第一版案は、来月中をメドに開催予定の薬剤耐性(AMR)に関する小委員会に上程する。

 手引きは、外来診療を行う医師などに抗微生物薬が必要な状況、必要でない状況を判別できるよう診療を支援することを念頭に置いた内容とし、不必要な抗菌薬が処方されていることが多いとみられる急性気道感染症、急性下痢症に焦点を当てている。



HOME > ニュース > 【厚科審作業部会】抗菌薬使用手引きを了承‐薬剤師の患者説明例も提示

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!