【中医協・16年度改定調査】一般名処方が3割を突破‐薬剤師による変更調剤進む

2017年2月27日 (月)

ニュース


後発品「銘柄指定」は半減

 後発品の使用促進策に関する2016年度診療報酬改定の影響を検証した報告書がまとまった。保険薬局対象の調査によると、一般名処方の割合が31.1%と3割を突破。昨年7~9月の後発品の調剤割合は65.5%と、前回調査から4.6ポイント上昇した一方、後発品名で処方された医薬品で「変更不可」の割合は7.0%と前回調査から8.9ポイントも大きく減少した。後発品調剤に積極的に取り組む薬剤師は7割を超え、変更調剤の着実な進展が裏づけられた。22日の中央社会保険医療協議会総会に報告された。

 昨年7~9月の3カ月間における後発品の調剤割合を見ると、「70%以上~75%未満」が16.6%と最も多く、次いで「65%以上~70%未満」が16.3%、「75%以上~80%未満」も16.1%と前回調査の4.7%から大幅に増加。全体の平均は65.5%だった。



HOME > ニュース > 【中医協・16年度改定調査】一般名処方が3割を突破‐薬剤師による変更調剤進む

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!