【厚労省】第102回薬剤師国試、合格率は71.58%に‐合格者は2009人減の9479人

2017年3月31日 (金)

ニュース


厚労省「需給に応えられる」

 厚生労働省は28日、第102回薬剤師国家試験の結果を発表した(表参照)。受験者数1万3243人のうち、合格者は9479人で、合格率は71.58%だった。合格率は前回から5.27ポイント下がり、合格者数は過去15年で最も多かった前回の1万1488人より2009人減少したが、厚生労働省は、合格率が60%台前半にまで落ち込んだ第99、100回のような「波乱はなかった」との認識を示した上で、合格者数についても、ここ数年の推移を踏まえると、「需給に応えられる数字ではないか」とした。

 6年制新卒者の合格者は7052人で合格率は85.06%、6年制既卒者は2295人で50.83%だった。新卒者については、前回の86.24%から1.18ポイントの減だったのに対し、既卒者は前回の67.92%から17.07ポイントの大幅減となり、全体の合格率低下に影響した。



HOME > ニュース > 【厚労省】第102回薬剤師国試、合格率は71.58%に‐合格者は2009人減の9479人

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!