【アジア製薬団体連携会議】新薬アクセスで各国が連携‐天然物創薬もアジア発目指す

2017年4月12日 (水)

ニュース


第6回アジア製薬団体連携会議

第6回アジア製薬団体連携会議

 アジア諸国での革新的新薬へのアクセス向上を目指し、各国の製薬関連団体代表者や、政府関係者、アカデミアが一堂に会して話し合う国際会議「第6回アジア製薬団体連携会議」が5、6日に都内で開催された。アジア製薬協10団体の代表者が参加し、新薬アクセスに関しては各国当局に提出する共通書類を作成するほか、アジア地域が持つ豊富な天然資源を生かして天然物創薬でのオープンイノベーションの枠組みを構築する方針だ。日本製薬工業協会の畑中好彦会長(アステラス製薬社長)は、6日の記者会見で、「天然物創薬でアジアがモデルケースになる。10年後にはこのスキームでアジアから新薬を出していきたい」と語った。

 会議では、▽新薬アクセス▽創薬連携▽規制・許認可――の三つのテーマで、課題認識の共有化、課題改善のための提言・提案が行われた。



HOME > ニュース > 【アジア製薬団体連携会議】新薬アクセスで各国が連携‐天然物創薬もアジア発目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!