【厚労省作業部会】MID-NET利用で指針案‐工程表や違反対応など18項目

2017年5月8日 (月)

ニュース


 厚生労働省は4月27日、医療機関のレセプトや電子カルテなどの病院情報システムからデータを集める医療情報データベース「MID-NET」の利活用に関するガイドライン案を作業部会に示した。今月中に最終案を取りまとめ、6~7月に開催予定の「医療情報データベースの運営等に関する検討会」に諮る考えだ。

 ガイドライン案は、昨年10月からWGで検討してきた事項をまとめたもので、18項目で構成される。MID-NETのシステムやデータベースに蓄積された情報に関する説明、利活用の工程表や申請手続きについての項目を盛り込んだほか、データを分析、閲覧する場であるオンサイトセンターを使用する場合の留意事項や利活用により得られた結果の公表、ルールに違反した場合の対応策、医薬品医療機器総合機構(PMDA)による監査の実施なども明記した。



HOME > ニュース > 【厚労省作業部会】MID-NET利用で指針案‐工程表や違反対応など18項目

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!