【アステラス製薬】ベルギーのオゲタを買収‐畑中社長「泌尿器領域との相乗効果狙う」

2017年5月8日 (月)

ニュース


畑中好彦社長CEO

畑中好彦社長CEO

 アステラス製薬の畑中好彦社長CEOは、4月27日に都内で開催した決算会見で、4月に発表したベルギーのオゲタの買収について、「泌尿器疾患領域における開発・商業化に関するアステラスの強みを生かしたい」と営業面で相乗効果を狙う方針を明らかにした。オゲタが更年期に伴う血管運動神経症状(MR-VMS)の適応症で開発中の選択的NK3受容体拮抗薬「フェゾリネタント」が、米国で展開する「ベシケア」や「ミラベグロン」といった過活動膀胱(OAB)フランチャイズの製品群と処方医が重なるため、「既存のMRを有効活用できる」との考えを示した。

 アステラスは最大8億ユーロ(約950億円)でオゲタを買収し、6月までに完全子会社化すると発表した。最も先行する開発パイプラインのフェゾリネタントは、MR-VMS患者を対象とした非ホルモン治療として前期第II相試験段階にある。



HOME > ニュース > 【アステラス製薬】ベルギーのオゲタを買収‐畑中社長「泌尿器領域との相乗効果狙う」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!