【日本バイオテク協議会】「革新」評価する薬価制度を‐厚労相に要望書

2017年5月16日 (火)

ニュース


厳しいベンチャー環境訴え

 バイオベンチャー29社で構成する日本バイオテク協議会は、医療系ベンチャー企業のイノベーションを評価する新たな薬価制度等に関する要望書を、8日付で塩崎恭久厚生労働相に提出した。会員企業の平均営業利益が赤字と厳しい事業環境を説明。その上で、厚労省懇談会の報告書を踏まえ、ベンチャーが製造販売する希少疾病薬への「ベンチャー体制整備加算」(仮称)の創設などを提言し、中央社会保険医療協議会の関係団体ヒアリングへの出席も要望した。

 同協議会は、ベンチャー企業の開発品目の多くが難病治療薬、希少疾病薬のため、原価計算方式で算定されるものの、この方式ではベンチャー企業は販売後に赤字になるケースが非常に多いと指摘。ベンチャー企業の費用構造を含めた実態調査を行わず、企業規模と無関係な販管費率などの係数を用いて算定されているとし、赤字にならないよう開発インセンティブが働く新たなベンチャー体制整備加算の創設を提言。年間売上高20億円以下の希少疾病薬について、売上に応じ算定薬価に5~20%の加算を導入するよう求めた。



HOME > ニュース > 【日本バイオテク協議会】「革新」評価する薬価制度を‐厚労相に要望書

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!