【第一三共】オルメサルタンの特許切れ‐中山会長「今年の頑張りが大切」

2017年5月17日 (水)

ニュース


中山讓治会長兼CEO

中山讓治会長兼CEO

 第一三共の中山讓治会長兼CEOは、11日に都内で開催した決算会見で、2015年比で2割減となった主力の降圧剤「オルメサルタン」が米国特許切れに直面する中、今期事業の位置づけについて、「オルメサルタンのパテントクリフが真っただ中にあり、今年乗り越えられれば、来年も乗り越えやすいし、未来がはっきりしてくる。今年しっかりやるのが大事」と語った。

 オルメサルタンが同社トップ製品から退いた後に、その後を引き継ぐのが主力の抗凝固薬「エドキサバン」。20年度までに売上1200億円以上を目指す中、20カ国以上で上市・承認を達成し、経口抗凝固薬(DOAC)市場ポテンシャルの約95%をカバー。16年度第4四半期時点で売上収益シェア第3位の18.2%を達成し、新規患者シェアは32%に拡大している。現在、上位2製品と激しい競争を演じている。



HOME > ニュース > 【第一三共】オルメサルタンの特許切れ‐中山会長「今年の頑張りが大切」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!