【厚労省】後発品80%達成は20年9月‐塩崎厚労相、目標時期を明言

2017年5月29日 (月)

ニュース


使用率低い地域テコ入れ

 厚生労働省は23日、後発品の数量シェア80%目標の達成時期を2020年9月とすることを決めた。塩崎恭久厚生労働相が経済財政諮問会議に示した。17年央の数量シェア70%目標に対して、65.1%にとどまる見通しも踏まえ、現行の20年度末までに80%以上の目標を半年前倒しすることにした。さらに「医薬品産業強化総合戦略」を見直し、後発品の使用率が低い地域での取り組みをテコ入れする方針だ。

 塩崎厚労相は、薬価制度の抜本改革により革新的新薬の創出につなげる一方、長期収載品の薬価引き下げ、後発品への置き換えを進める方針を強調。骨太方針で18~20年度末までのなるべく早い時期と明記され、厚労省が20年度末を目標としていた数量シェア80%の達成時期を20年9月とすることを表明した。



HOME > ニュース > 【厚労省】後発品80%達成は20年9月‐塩崎厚労相、目標時期を明言

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!