【厚労省】後発品438品目を薬価収載‐「エビリファイ」に13社参入

2017年6月16日 (金)

ニュース


“公認後発品”は6成分登場

 厚生労働省はきょう16日、後発品438品目を薬価基準に収載する。初の後発品収載は、抗精神病薬「アリピプラゾール」(エビリファイ=大塚製薬)など13成分252品目。新規収載希望が10品目を超えた内用薬を先発品の「0.4がけ」とするルールは高血圧治療薬「テルミサルタン」(ミカルディス=日本ベーリンガーインゲルハイム)など4成分207品目に適用された。また、先発品メーカーから特許使用の許可を得て後発品として発売するオーソライズドジェネリック(AG)は6成分15品目が収載される(表参照

表

 今回、薬価収載の希望品目は451品目だったが、局方名収載などによって2品目が告示不要となり、安定供給上の不安などにより11品目が取り下げられたことから、最終的に60社の83成分154規格438品目が収載された。



HOME > ニュース > 【厚労省】後発品438品目を薬価収載‐「エビリファイ」に13社参入

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!