【OTC薬協】医療用検査薬のスイッチ化、早期のルール整備要望

2014年1月16日 (木)

ニュース


 規制改革会議の健康・医療ワーキンググループ(WG)は9日、「セルフケア領域に適する医療用検査薬等の見直しについて」をテーマに取り上げた。日本OTC医薬品協会は、医療用として使用されている検査薬を一般用医薬品として利用できるようにするための新ルール整備などを求めた。

 検査薬のスイッチOTC化は、1989年に厚生労働省が設置した「セルフケア領域における検査薬に関する検討会」で専門家が示した基本的考え方に基づいて進められたものの、91年の「尿糖」「尿蛋白」、92年の「妊娠検査薬」以降、約20年ほど新規のOTC検査薬が登場しておらず、事実上、審査・承認するための仕組みがない状態となっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【OTC薬協】医療用検査薬のスイッチ化、早期のルール整備要望

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS