2020年7月1日 (水)

薬学生新聞

若子直也さん

 カナダの先進事例を日本の薬剤師に伝えたい――。カナダの薬局「フォートロイヤルファーマシー」に務める若子直也さんはカナダで8年間、薬剤師としての経験を積んだ。製薬企業の研究者になるはずの人生は急転し、薬剤師の存在意義や本質を確かめたくて、海外で薬剤師になる道を選んだ。カナダの薬剤師はワクチン接種や禁煙外来療法など医師が実施する仕事を担い、薬剤師の存在意義は予防と処方の適正化にあることに気づく。カナダと日本を往復しながら、大学教授など有識者たちと薬局や薬剤師の活用に関する戦略会議を主催し、意見を語り合う。そして国会議員になり、薬局を取り巻く環境を変えるべく次の総選挙に出馬を予定している。約31万人の薬剤師が医療の一翼を担うための社会変革にこれから全力投球する覚悟だ。

続きを読む »


薬学生新聞 新着記事
薬業界情報 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!