【中医協】診療報酬改定、骨子まとめる‐大規模薬局の報酬適正化など

2014年1月20日 (月)

ニュース


分割調剤施行は削除

 中央社会保険医療協議会は15日、2014年度診療報酬改定の基本方針や改定率について、田村憲久厚生労働相から諮問を受け、これまでの議論の整理を改定の骨子としてまとめた。地域の薬局と連携しても夜間・休日に調剤できる体制を整えていれば算定できる「基準調剤加算」の要件を見直し、薬局自らの対応を原則とすることや、薬剤師の病棟業務の評価充実、大規模薬局の調剤報酬の適正化などを盛り込んだ。また、残薬を減らすため、特定機能病院等の大病院から長期処方された薬剤を原則として薬局が分割調剤し、2回目以降は主治医と連携して必要量を調剤する対応を試行導入する案も示されたが、支払、診療の両側委員から「議論が十分でない」などの意見が相次ぎ、骨子から削除することになった。

 骨子で重点課題に位置づけられた在宅医療では、在宅薬剤管理指導業務を推進する観点から、在宅業務に十分に対応している薬局の評価を行うとした。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【中医協】診療報酬改定、骨子まとめる‐大規模薬局の報酬適正化など

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS