【経産省】遺伝子検査ビジネス‐信頼確保のルールに着手

2014年1月29日 (水)

ニュース


 経済産業省は23日、「遺伝子検査ビジネスに関する研究会」の初会合を開き、遺伝子情報をもとに疾患リスクなどを調べる事業の信頼性を確保するための新たなルールづくりに着手した。年末をメドに指針をまとめる。

 遺伝子の型や変異の有無を調べることで特定の疾患リスクや体質なども知ることができる遺伝子検査は、遺伝子解析技術の高度化や検査機器の低価格化に伴い、参入企業や用途が急速に拡大しているが、経産省によると、科学的な根拠に乏しい検査の存在も指摘されているという。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【経産省】遺伝子検査ビジネス‐信頼確保のルールに着手

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS