【薬食審安全対策部会】乱用防止へ販売数量制限‐一般薬配合7成分を指定

2014年2月18日 (火)

ニュース


 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会は12日、一般用医薬品の鎮咳去痰薬などに配合されている「コデイン」など7成分を「乱用の恐れのある医薬品の成分」に指定し、販売時の数量を原則で1人1箱に制限することを了承した。一般薬の新たな販売ルールを規定した改正薬事・薬剤師法が施行される6月12日以降、販売個数に制限がかかる。

 部会が指定を了承したのは、▽コデイン(鎮咳去痰薬)▽ジヒドロコデイン(かぜ薬、鎮咳去痰薬)▽ジヒドロコデインセキサノール(鎮咳去痰薬)▽メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬・液剤、鼻炎用内服薬など)▽ブロムワレリル尿素(解熱鎮痛薬など)▽エフェドリン(点眼薬など)▽プソイドエフェドリン(鼻炎用内服薬)――の7成分。いずれも一般薬に配合されている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【薬食審安全対策部会】乱用防止へ販売数量制限‐一般薬配合7成分を指定

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!