【奈良県立医科大学】漢方教育・研究の充実目指し、「大和漢方医学薬学センター」を設置

2014年3月19日 (水)

ニュース


吉岡章氏

吉岡章氏

 奈良県立医科大学(奈良県橿原市)は、今月1日付で漢方医学薬学に関する教育・研究・診療活動などの充実や、県民の健康増進、地域活性化を推進することを目的に「大和漢方医学薬学センター」(センター長吉岡章氏、奈良医大理事長・学長)を設置した。7日には橿原市の大学施設に関係者を集め、キックオフセミナーを開催した。

 あいさつで吉岡センター長は「奈良県では“漢方のメッカ推進プロジェクト”を立ち上げて事業をスタートしている。この中で、奈良医大として漢方医学薬学に関する研究、臨床、さらには漢方に精通した医療人の育成などを進めていきたい」と抱負を述べた。



HOME > ニュース > 【奈良県立医科大学】漢方教育・研究の充実目指し、「大和漢方医学薬学センター」を設置

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!