薬剤師国家試験、合格率は60.84%‐過去19年間でも低い水準

2014年4月2日 (水)

ニュース


要因の1つに学生の質低下

 厚生労働省は3月31日、第99回薬剤師国家試験の結果を発表した。受験者数1万2019人のうち、合格者は7312人で合格率は60・84%だった。合格率は、前回の79・10%から18ポイントほど低下。1995年の第80回以降、空白期間の10年(第95回)、11年(第96回)を除き最も低い水準となった。厚労省は、試験問題の難易度について「上げたという認識はない」としており、合格率が下がった要因について、「一概には言えないが、学生の質が低下したのではないか」と分析した。

 国試は、1万4039人が出願したが、受験者は1万2019人で、このうち1万1339人が6年制卒だった。「6年制新卒」の合格率は70・49%だったが、「6年制既卒」は39・85%と低かった。また、旧4年制卒を含む「その他」は13・24%だった。



HOME > ニュース > 薬剤師国家試験、合格率は60.84%‐過去19年間でも低い水準

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!