【第一三共】ランバクシー経営権を譲渡‐印ジェネリック薬大手サン社に

2014年4月10日 (木)

ニュース


中山讓治社長

中山讓治社長

 第一三共は、印ジェネリック薬子会社「ランバクシー・ラボラトリーズ」に関して、ジェネリック薬(GE薬)世界第5位の印サン・ファーマシューティカル・インダストリーズと吸収合併し、実質的な支配権を手放すと発表した。サンは株式交換により、ランバクシーの全株式を取得し完全子会社化する一方、第一三共は新会社の全株式の約9%を取得し主要株主になる。米FDAから禁輸措置を受けているランバクシーの4工場については、今年末をメドとする合併完了後、サンの主導で問題解決を図る考え。中山讓治社長は7日、記者会見で、「新薬とGE薬のハイブリッドビジネスを進展させるため、ランバクシーの事業基盤と相互補完性が強いサンとの提携を選んだ」と説明した。

 サンは、1983年の設立で、印ムンバイを本拠とするGE薬メーカー。慢性疾患領域に強く、2013年3月期売上高は1932億円、営業利益845億円と印第2位。ランバクシーとの合併で売上規模は約43億ドルに達する見通しだ。



HOME > ニュース > 【第一三共】ランバクシー経営権を譲渡‐印ジェネリック薬大手サン社に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!